やりがいは大きい!けど大変なことも!保育園栄養士に転職した体験談

当ページのリンクには広告が含まれています。

こちらの記事のつづきです。

念願の保育園に転職したわたしは、意気揚々と働いていました。

しかし、完璧にストレスフリーな職場というのはやっぱり存在しないのか・・・笑

やりがいあるけど、かなりブラックだな~と思うこともありました。

目次

保育園栄養士のやりがい

  • 食育に関われる
  • 子どもと直接関われる
  • イベントに参加できる

今まで働いてきた中で、保育園は1番やりがいのある仕事でした。
「ある出来事」がなければ、わたしは今でも保育園で働いていたと思います。(結果的には1年半ほどで退職しましたが・・・笑)

こぶた

大変ではありますが、本当に楽しい職場でした

食育に関われる

保育園に転職したかった1番の理由です。

こぶた

食育がやりたかった!笑

食育って、どんなことをするの?

  • 給食で使う食材下処理のお手伝い
  • 野菜の栽培
  • パンケーキ教室

などなど。
以上のようなことを企画して、準備、実行します。
まずは興味を持ってもらい、食に関する知識を育てていきます。

食育は、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けられるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるもの。

参照:農林水産省|「食育」とは

農林水産省では、食育を上記のように定義しています。

とはいえ・・・

楽しんでもらえればいいんです。笑
楽しみながら、食べ物はどこからきて、どうやって食卓に並ぶのか・・・なんとな~く分かってもらえればいいかな、とわたしは思っています。

子どもと直接関われる

まー、とにかく元気です。
たまに「カオスだな」と思うことはありましたが。笑

食育イベントなども、楽しんで参加してくれるし、反応が良いんです。
「大変だったけど、やってよかった」と嬉しくなります。

保育園ではたらく1番のやりがいは、子どもたちが喜んでくれることでしょうね。

イベントに参加できる

これは直営ならではかもしれません。
委託だと、施設のイベントに参加するのは施設に直接雇われている栄養士だけだったりします。

運動会・クリスマス会・卒業式・・・などなど。

スタッフとしての参加なので、大変ではありますが、けっこう楽しいです。

保育園のココがブラック

ここであげることは、わたしが体験したことですが、全ての保育園が当てはまるわけではないことをご了承ください。

サービス残業が多い

保育園栄養士は、調理と事務作業を兼務していることが多いと思います。
朝から厨房に入り、全ての配膳と片付けが終わるまでは、調理場にいなくてはなりません。
隙間時間や休憩中に事務作業を進めても、終わるはずもありません。

結果的に残ってやるか、持ち帰るかになってしまいます。
(残業代が出ないので、わたしは18時まで残って、後は持ち帰っていました)

食育イベントや園内のイベントが近い日などは、準備で遅くまで残ることもよくありました。
(これもサービス残業です)

加えて、隔週の土曜出勤があります。
土曜出勤の週は、労働時間が45時間になるんです。(代休などはありません)

こぶた

今思うと、この分は残業代もらっても良かったのでは・・・

残業代について

残業は申告制でした。
園長が認めた場合に限り、残業代が出るという仕組みです。

しかし、「自分の仕事が終わらない」という理由の残業は認められません。

何なら認めるんだ!という感じですが、園内の全体会議や、保護者面接が長引いた場合などは認められていました。

休日出勤が多い

運動会・お楽しみ会など、休日に行われる園のイベントには、お手伝いで参加します。日曜日に行う食育イベントも多く、準備などで前日から駆り出されることもしばしば。
加えて、市が行う研修も日曜に行われることもあり、この手の研修には絶対参加でした。

これに土曜出勤が重なると、月の休みが4日あるかないかという状態になってしまいます。
(代休をもらったことはありません)

それでも、子どもたちが喜んでくれるので一生懸命働きましたが、今思うと結構ブラックだったのでは・・・と思わざるを得ません。

保育園栄養士ならではの大変さ

こぶた

病院も大変だったけど、
保育園はまた違った大変さがあるな・・・。

委託の病院では、厨房業務は息つく間もなく忙しかったけど、家に仕事を持ち帰るということはありませんでした

保育園は持ち帰りの事務仕事やイベントの関係で、仕事とプライベートの区別がつけにくかったんです。休みの日も常に仕事をしている感じでした。

さらに、保護者対応という重荷、アレルギーへの配慮など、病院(委託)にいた頃より責任が倍増しました。
(直営の病院はまた別ですよ)

それでも楽しかったので頑張れた

それでも「仕事が大変だから辞めよう」とは思いませんでした。
それ以上にやりがいと楽しさが勝っていたんですね。

なによりも、この園では人間関係に恵まれて、大変なこともみんなで共有できていたことが大きかったと思います。

わたしは、この保育園に骨を埋めるつもりでした。

が・・・

あることをきっかけに、退職することになります。

つづきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次