入社してすぐ辞めるときの伝え方は?3日で即日退職した体験談

当ページのリンクには広告が含まれています。

入社して初日に「えっ」と思うことが重なり、悩んだ末、退職を決意しました。

さすがに働き始めて3日で退職するのは気が引けましたが、不安を感じながら働くことはできませんでした。

目次

どうやって辞めると伝えたのか

辞めると決めてはいましたが、やはり言いにくい。

こぶた

バックレたい・・・

そんな感じで、もんもんとしながらも、なんとか出勤しました。

いつもなら、出勤してすぐに白衣に着替えるんですが、この日は着替えませんでした。
着替えたら、そのままなんとなく働いてしまいそうな気がしたんです。

厨房に入ろうとしていた先輩栄養士のところへ直行し、間髪入れずに言いました。

こぶた

あの・・・
辞めたいんですけど・・・

・・・え。
ええええええええ!?!?


慌てた先輩栄養士に園長のところへ連行され、2人きりで対談するハメになりました。

実際に伝えた入社してすぐ辞める理由

誰もいない休憩室に連行され、園長と2人きり。

当然のように、理由を聞かれました。
園長は怒っているというよりも、「なぜ?」という感じ。

まさか、「〇ミを持ち帰らせるなんてありえない!!やってることグレーですよ!」とは言えません。笑。
もう退職するのに、余計な波風は立てたくないのが本音です。

なので、辞めるほどではないけど、「う~ん、微妙だな」と思っていたことを話しました。

こぶた

実際に調理してみて、スチコンなどの機材がなくて調理がしにくいんです。
病院とのギャップというか・・・。

小さな厨房というより大きめの台所です。30人分の魚を焼くのに、フライパンで3回に分けて焼くというようなことをしていました。
スチコンなら1回で済むのに・・・と、ついつい思ってしまうわたし。

こぶた

もう少し規模の大きな保育園を探そうと思っています。

今思うと、けっこう失礼な理由ですが(笑)、嘘ではありません。
園長も、納得してくれたようでした。

そして、ほっとしたように一言。

園長

〇〇さん(先輩栄養士)のせいじゃないのよね?

こぶた

え?まあ・・・。

よくよく話を聞くと、わたしの前に採用した栄養士も、2日ほどで辞めてしまったんだとか。
次に採用したわたしもすぐに辞めたいと言い出し、先輩栄養士に原因があるのではと疑っていたようでした。

あなたなら、すぐに採用されるわよ

その後、先輩栄養士とパートさんのところへ挨拶をし、即日退職となりました。

わたしが立ち去る間際、園長が先輩栄養士と話しているのが聞こえました。

次、栄養士が続かなかったら委託にするからね

ええ!?わたしの帰る場所がなくなっちゃう~涙

うん、辞めて正解でした。笑

入社してすぐやめる退職理由の考え方

相手が悪い!を理由にしてしまうと納得してもらえることが難しくなってしまうので、
「私はこうだから続けられません」
の方が納得してもらえるような気がします。

実際に働いて思っていたのと違った、ということを理由にすると、相手も納得せざるを得ません。

入社してすぐ辞めるときの伝え方

言いにくいのも(すごく)わかりますが、メールや電話ではなく、直接伝えたほうが良いと思います。
(バックレは論外)

ただ、いきなり上の人にいうのではなく、自分を指導してくれている先輩にまず伝えると良いと思います。驚かれると思いますが、必ず対応してくれます。

そのあとは、流れに身をまかせましょう。笑

ちなみに、退職の意思を伝える方法が法律で決まられているわけではないので、電話やメール、もしくは第三者に伝えてもらっても問題はないそうです。

ただ、自分で選び、採用をいただいた会社です。

1度は働くと決めたんだから、その会社を選んだ責任は自分で取るべきだと思うのです

きちんと説明すれば、罵られるようなことはありませんので、安心してください。(*^^*)

とはいえ・・・
精神的に追い詰められていたり、会社に行くことに恐怖を覚えたりするなら話は別です。
そういうときは、退職代行サービスを使ってでも、次のステージに行きましょう!

退職代行サービスとは

働いている会社に対して、退職の意思を第三者(退職代行業者)が本人に代わって、伝えてくれるサービスです。
メディアに取り上げられることも多く、利用者が急増しています。

▽もっと詳しく▽
主な退職代行サービス5社を比較!選ぶポイントは?

仕事をすぐ辞めるのは甘え?

こぶた

きちんと理由があるなら、甘えではないよね。

実際に働いてみないとわからない部分というのは、どうしてもあります。
だいたい、どうして仕事をすぐに辞めることが甘えという考えになるのでしょうか?

辞めたくて辛いのに、
辞める勇気が無くてズルズルと働き、自分の気持ちに嘘をつくことの方が、よっぽど逃げてはいないでしょうか。

ただ、退職するにしても自分の中で理由を明確にしておくことは大切です。

でなければ、同じような理由で何度も転職するハメになります。
そうなると自信をなくし、辛くなるのは自分ですから。

その理由は、

・この先改善される見込みのないものなのか
・自分の努力で改善できないものなのか
・仕事に慣れれば解決するのか

・・・など、よく考えて決断することをおススメします。

特に、仕事に慣れるまでは大変です。
人間の脳はナマケモノですから、普段と違う負荷がかかることを避けたがります。

自分の力ではどうしようもない場合を除いて、まずは仕事が出来るようになってから、辞めるかどうかの決断をしても遅くはありませんからね(*^_^*)。

再びの転職活動再開

というわけで、再び転職活動をすることになりました。
今回は、完全無職になっていたので、職安にも行きましたよ。

主な転職活動
  • ネットで検索
  • 転職サイトに登録
  • 職安で探す
仕事選びで重視したこと
  • 直営の認可保育園
  • 通勤時間が1時間以内である
  • できれば食洗器がある
  • 栄養士が複数人いる

お気づきでしょうか・・・。
条件が増えています(!)。

転職を経験して良いことのひとつが、「自分がどんな条件で働きたいか」というのが明確にわかるところです。

初めは漠然と「保育園」だったのが、実際に経験してみて「こんな保育園」に変わりました。

つづきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次