新卒採用だけど委託栄養士を辞めたい!結局2年で転職した話

当ページのリンクには広告が含まれています。
こぶた

今の仕事、辞めたいけど・・・

と言いながら、転職に1歩踏み出すのは勇気がいりますよね。

わたしは、栄養士として働いていた(現在も働いています)約10年間で、4回の転職をしました。
現在の会社が5社目になります。

長く腰を据えて働ける会社を探して、「次こそは~」「次こそは~」と、試行錯誤をしました。
今は一応、落ち着いていますよ。笑。

転職は未知の世界。
不安なのは当たり前です。

なので、

「会社辞めたいけど・・・転職ってどんな感じなの?」

という方の「なにかヒントになればいいな」と思って、転職体験談を語ってみることにしました。

こぶた

4回転職したわたしの話、(むしろ)聞いてください!笑

目次

新卒で就職したのは委託会社

こぶた

専門学校を卒業して、新卒で入社したのは大手の委託会社でした。
配属先は病院です。

本当は保育園で働きたかったんです。

が・・・。

わたしは30歳過ぎてから資格を取っています。
新卒の就職活動、周りは20代のピチピチばかり。
早い話、保育園では採用されなかったんですね。笑

というわけで、採用してくれた委託会社にありがたく就職しました。

委託栄養士(病院)の仕事内容

1日の流れ(ざっくり)

5時00:早番出勤
     朝食準備開始
8時00:休憩(30分)
9時00:中番出勤
     昼食準備開始
11時00:遅番出勤
12時00:休憩(30分)
12時30:おやつの準備開始
14時00:早番退勤
14時30:休憩(30分)
15時00:夕食準備開始
18時00:中番退勤
20時00:遅番退勤

勤務形態はシフト制で、早番・中番・遅番がありました。
基本の出退勤時間は表のとおりです。

委託栄養士がきつい

今思い返しても、なんかもう、全てがキツかった。

結果的には2年勤めましたが、入社して1週間で本気で辞めようか悩みました。

辞めようと思っていた理由は主に3つです。

  • 先輩栄養士が嫌な奴ばかり
  • 想像以上のハードワーク
  • 栄養士と調理師が仲悪い

先輩栄養士が嫌な奴ばかり

わたしが働いていた病院は、常時12~3人が働いていました。
その中で調理師2人、パートさん2人を除き、他全員が栄養士でした。

この先輩栄養士たちが、とにかく嫌な奴らでした。笑

事例

①出勤すると机に張り紙。ここがダメ、あそこがダメ、そのミスのせいで、私たちはこんなに迷惑して大変だったと殴り書きで書き連ねる。

②配膳時間に間に合わないと踏むと、キレ気味で手伝いに来る。
 鍋をわざと大きな音で置いたりする。

③わからないところを聞きに行くと、あからさまにウザそうな顔をする。
(おかげで超質問しづらいw)

とまあ、他にも「えーーっ」と思うことはたくさんありましたよ。

後に、「新人が入ってもすぐ辞めていくのよ」な~んて話を聞きましたが、

「おまえらのせいだろ」

と心の中でツッコミを入れていました。笑

わたしは、このときの怒りを退職まで引きずり
「退職するとき送別会は絶対断る。おまえらに送別なんぞしてほしくない!」
と常々言っておりました。笑

想像以上のハードワーク

とにかく忙しい。笑
厨房の中を走り回っていたのは、後にも先にも病院で働いていた時くらいです。

1日の中で、30分の休憩を2回取るんですが、まともに休憩がとれたことは、ほぼありませんでした。

調理がずれこんだり、仕込みが終わらなかったり、定期清掃があったり・・・。

お昼ご飯は、10分くらいで食べられるだけ食べる、という感じでした。
食べかけのお弁当をロッカーに投げ入れ、「後で食べる!」と言って、結局捨てることもしばしば。

あまりにも時間に追われるので、仕事中よくこんなことを思っていました。

こぶた

時間に追われるからいけないんだ!
よし、時間を追いかけてやるぞ!!

なんの決意だ。
そんなこと決意したところで、忙しいのは変わらないんですけどね。

栄養士と調理師が仲悪い

仲のいいところもありますが、ここの栄養士と調理師は仲が悪かった。

今でも思うことですが、栄養士を下に見ている調理師というのは、少なからずいます。
(そうじゃない調理師も、もちろんいますよ。)

栄養士は若い女性が多いです。
さらに栄養士側の調理技術が未熟だったりする場合は、確実になめられます。

しかし、病院での食事に対して、最終的に責任を負うのは栄養士です。
病棟側から指示を受け、やり取りするのも栄養士。

つまり、どうしても調理師は栄養士の指示の下で働くことになるんですよね。

それが気に入らない調理師もいるでしょう。
栄養士側も、そんな調理師に指示は出しづらい。

役割分担の違いなだけなんですが・・・。
なかなか上手くいかないコトもあるんです。

わたしはけっこう気の強い方ですが、それでも新入社員のころは調理師も怖かったです。(~_~;)

それでも、もう少し頑張ってみると決意した


そんなわけで、入社早々辞めたくなったこぶた。
車通勤していたんですが、車の中で大声で歌を歌って、自分を鼓舞して会社に行っていました。笑

こぶた

そのときのファイトソングはUVERworldの「Fight For Liberty」でした。
元気が出るので聞いてみてね♪

何度もやめようかと思いました。
それでもやめなかったのは、ある理由がありました。

続きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次