管理栄養士国試験直前!残り1週間の勉強法と前日の過ごし方【社会人向け】

当ページのリンクには広告が含まれています。
こぶた

もうすぐ国家試験。
直前の勉強の仕方は、今までと同じで大丈夫かな・・・?
不安だ・・・。

試験直前は、このまま突き進んで合格できるのか、ちゃんと実力が発揮できるのか、不安になりますよね。
わたしも、試験直前は緊張と不安でいっぱいでした。

特に社会人の受験生は、働きながら時間を捻出して、本当に大変だったと思います。

しかし、ここまで来たら「まな板の上の鯉」!
自分にできることをコツコツと進めていくしかありません。

そこで、わたしが試験直前に行った勉強法と、試験前日にどうやって過ごしていたのかをご紹介します。

  • 試験直前の勉強方法が知りたい
  • 前日にどうやって過ごせばいい?

という人は、参考にしてみてくださいね。

目次

試験1週間前の勉強法

勉強法というよりは、試験1週間前からは「試験会場に持っていく物の準備」をしていました。

試験会場に持っていく用のノートを作る

国試の参考書・問題集は重いし、かさばります。

こぶた

これを試験会場に持っていくのはヤだな。
でも、試験前にちょっと復習はしたいし・・・。

そこで、残りの1週間で、会場で復習するためのノートを作ることにしました。

重たくて持ち歩きたくないというのもありましたが、分厚い参考書を復習に使うと、問題が多すぎて何を復習していいのか混乱し、余計に不安が増す可能性もあります。
緊張しているのならなおさらですよね。

自分の苦手分野や、覚えているか不安なものだけをピックアップしたノートなら、試験前にサッと確認するのに便利だと考えたんです。(重たくないしね)

さらに、ノートを作りながら復習もできるので、勉強にもなります。
今まで解いた過去問を解きなおしながら、間違えたところ・不安なところを書き出していきました。

復習ノートの作り方

復習のノートの中身は、ひとことでいうと「自分だけの1問1答集」です。

市販されている1問1答集だと、覚えたいところの記載が無かったりして、効率が悪いですよね。
そこで、自分がよく間違える問題、間違えそうな問題をピックアップして、ノートに記入していきます。

書き方例
  • ドコサヘキサエン酸は、長鎖脂肪酸である。
  • 酵素の反応速度は、至適PHで最大となる。
  • 胃酸は壁細胞で作られる。

こんな感じで、1行に1問書き出します。
覚えたいところは赤文字で記入し、赤いシートで隠せるようにしておきます。

こぶた

赤文字は、色鉛筆で書くのがおススメ!
ボールペンだと、色は消えるけど跡が残って、答えが見えちゃうからね。

正直、ここまで来たら、問題を丸暗記ですよ。笑

1科目ごとにやっていたら全科目できないので、10問やったら次の科目・・・というように、なるべく全科目1ページ以上は作るようにしました。

それを「午前の科目」「午後の科目」の2冊に分けました。

試験会場では、何も考えずに
午前は「午前用のノート」、午後は「午後用のノート」を復習すればいいわけです。

コンパクトにまとめてあるので、電車の中でも確認できるので便利です。

摸試を受けていたら、摸試の問題を優先して解きなおすことをおススメします。
摸試の問題は、その年に出題されるであろう問題を想定して作られているはずなので、試験でも出題される可能性が高いからです。

「やらなくてもよかったかな」と思ったこと

ダントツで、応用問題の過去問を解く。です。

わたしは、試験1週間前まで、応用問題をほとんどやっていませんでした。

こぶた

心配だし、どんな問題がでるのかだけでも見ておこう。

と、1日かけて可能な限りの過去問を解きました。

が・・・

あんまり意味ありませんでした。

どんな感じの問題か、サラッと確認するだけでよかったな、と試験を受けた後に思いました。

K 総合病院に勤務する管理栄養士である。
患者は、18歳、男性、大学生。身長172 cm、体重63kg、BMI21.3kg/m2 。1か月前から腹痛、下痢があり、近医では胃腸炎の疑いとして投薬されていたが、症状は軽快しなかった。1週間前あたりから、腹痛が増強、38℃程度の発熱があり、朝から数回の嘔吐、少量の下血もあったため、当院の救急外来を受診、イレウス状態であり入院した。

入院当日の栄養投与法である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

  1. 経口からの流動食
  2. 経鼻チューブからの経腸栄養剤
  3. 末梢静脈からの維持輸液
  4. 中心静脈からの高カロリー輸液

これは、実際に第35回の試験で出題された応用問題です。

数字に惑わされてしまいそうですが、これは「イレウスとはどういうものか」「栄養投与法の種類」を知っていれば解けます。
病気や栄養投与法に関しては、「人体の機能と構造」「臨床栄養学」あたりに出てきますよね。

このような問題の他に、表の読み取りや、患者の質問に対する受け答えなど、過去問を解いてもなんの参考にもならない問題が多い印象でした。

それだったら、残り1週間は、今まで得た知識の復習や、不安な科目の確認に使った方がよかったかな、と思いました。

試験前日の過ごし方

試験の前日は、早めに勉強を切り上げてサッサと寝ましょう。

わたしも夕方17時くらいに勉強を切り上げて、早めに就寝しました。

緊張で眠れないときは

わたしが眠れないときにやる呼吸法です。

まずは、仰向けに寝転んでくださいね。
それから、以下の呼吸を行います。

  1. ゆっくりと息を吐ききる。
  2. 3秒かけて、鼻から息を吸う。
  3. 4秒息を止める。
  4. ゆっくりと息を吐き切る。

これを繰り返します。

これをやると、やっている間にだいたい寝落ちするんですが、眠れなかったらこう考えましょう。

「目をつむっているだけでも疲れはとれる」

呼吸は、心を落ち着かせるのに有効です。
試してみてくださいね。

さいごに

試験直前に、こんな感じで過ごしていたよ、という話でした。

ここまできたら、やるしかないっ!ですよね。

ちなみに、管理栄養士国家試験の合格基準は、200点満点中・120点以上を取ることです。
つまり、80問は間違えてもオッケーなんです。

10問20問わからない問題があっても大丈夫です。

わからない問題があっても慌てず、着実に問題を解いていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次