実務証明書が書類不備で返された話【管理栄養士国家試験】

当ページのリンクには広告が含まれています。

わたしの実体験です。
このときはもう試験受けられないのかと、本当に焦りました。
実務証明書なんて、もらうのにメチャクチャ勇気がいるのに!!

バタバタしましたが、結果的にはなんとか試験を受けることができました。
こんなこともあるんだ~ということで、参考(なんの?!)にしてみてください。

目次

実務証明書を前の職場に書いてもらう

管理栄養士国試の願書書類は「9月中旬」から配布、願書受付期間は「11月中旬~12月初旬まで」の約3週間です。

実務証明書を書いてもらう用紙は、厚生労働省が発行する専用のものを使うので、願書書類が配布されるまでは動くことができません。
つまり、実務証明書は3ヶ月の間に用意しなければ間に合わないんです。

実務証明書を書いてもらうのに、時間がかかる…なんてことを聞いていたので、願書書類配布の日を心待ちにしていました。

因みに、願書を手に入れる方法は試験開催地の国家試験係、各地方厚生局、都道府県庁、保健所でもらうか、厚生労働省のホームページからダウンロードするかです。(わたしはダウンロードして、自宅のプリンターで印刷しました)

実務証明書を書いてもらうという最大の難関

過去なんども管理栄養士試験を受けようとして、結局受けなかった最大の理由はここにあります。

こぶた

実務証明書、もらいに行くのヤだな~

でも、これでは転職するたびに3年の実務経験を積まなければならなくなります。管理栄養士とるのに、何年かるんだって話です。管理栄養士として仕事をしたかったこぶたは、今回ばかりは一念発起しましたよ。

転職した現在の職場でも実務経験が半年ほどたりなかったので、「現在の職場+前の職場」でもらう必要がありました。
保育園と委託会社がありましたが、念のため、働いた年月の長い委託会社でもらうことにしました。

委託会社なので、本社と委託先(働いていた施設)、両方に実務証明書を書いてもらう必要があります。

さて、どちらに先に書いてもらうか?

私は迷わず本社を選びました。
なぜなら、本社経由で委託先にも証明をもらってくれるかもしれない…(そうすれば、委託先に連絡しないで済む)。と思ったからです。

こぶた

ま、そんなに甘くなかったけどね。

本社に電話⇒書いてもらえるようお願い⇒書類を送付。
戻ってくるまでに3週間ほどかかりました。

封をあけると、中には手紙入が。

「委託先には、自分で連絡して証明をもらって下さい」

…まじか…|li ○| ̄|_

しぶしぶ、委託先に電話。
幸い、大きな病院だったので総務課の方が対応してくれて、かつての上司とは会話せずに済みましたw。

実務証明書取得までの流れ

①本社に電話して実務証明書を書いてくださいとお願い
②書類を用意して送付
③3週間ほどで返却
④委託先の病院に電話して実務証明書を書いてくださいとお願い
⑤書類を用意して送付
⑥2週間ほどで返却


実務証明書を用意するのに約1ヶ月半。
実務証明書が必要な人は、早め早めに準備してくださいね!

管理栄養士国家試験事務局からの電話

願書は送付したし、あとは勉強を頑張るだけ!!と気合を入れていた12月終わりのことでした。

携帯電話に、知らない番号からの電話。
ネットで調べてみると、管理栄養士国家試験事務局からだと判明。慌ててかけなおすと、衝撃の告白をされました。

事務の人

実務証明書に不備があるので、提出しなおしてください。

こぶた

はあ!?(よりによって、実務証明書!!)

その後、15分ほど電話しました。
他にも細かい指示などありましたが、ざっと内容をまとめるとこんな感じです。
(←はわたしの心の声です)

  • 実務証明書に不備がある。内容は、「本社と委託先、記入する順番が逆」
    (←!?)
  • 改めて取り直すか、どちらかに連絡して日付を書き換えてもらうかしてから再提出。
    (←1か月以上かかってんのに、取り直せるわけないでしょ…。書き換えてもらうしかないじゃん。)
  • 提出期限は来週の月曜日(月曜日に連絡が来たので、つまり1週間)
    (←短!!)
  • 書き換えるなら、現在、事務局にある実務証明書を1度(こぶたに)戻す必要がある。
    が、事務局側から郵送することはできない。
    まず、こぶたが返信用封筒を事務局に郵送し、それを使って事務局がこぶたに郵送する。
    (←!?これだけで最速3日はかかるよ!?着払いでいいからすぐに返してくれよ・・・)
  • 消印有効
    (←…(-_-;))

不備の内容

今回の不備の内容である「本社と委託先、記入する順番が逆」についてですが、どういうことかといいますと。

実務証明書の記入例

実務証明書の証明欄をざっくり作ってみました。
「〇年〇月〇日」のところには、それぞれ実務証明を記入してもらった日付が入ります。

このA欄とB欄の日付が、Aが先じゃないとダメなんだそうです。

実務証明書の記入例


A:2022年9月10日 B:2022年9月9日 ⇒✖
A:2022年9月10日 B:2022年9月11日 ⇒〇

ということ。

本社に先に証明をもらったこぶたは、B欄の方が日付が先になってたんです。

こぶたの 「本社経由で委託先にも証明をもらってくれるかもしれない…」という淡い期待がアダになったというわけですね。

ただ、ひとつだけ言わせてください。
そもそも、注意事項にそんな記載がどこにも無いんです。そのことを確認したら、

事務の人

記載はありませんが、そういう決まりになっています。

だそうです。
(→決まりになってるなら、なぜ記載しないんだよおお… |li ○| ̄|_ )

実務証明書を書き直してもらう


書き直してもらうのは、「本社か委託先」どちらかで良いということだったので、家から比較的近い委託先にしました。

というのも、もう、郵送で対応してたんじゃ間に合わないからですよ。直接取りに行くしかなかったんです(怒)。

しかも、委託先で対応してくれたのは総務課なので土日が休みです。
仮に管理栄養士事務局が最速で返送してくれても、実務証明書が手元に届くまでに3日はかかる(水曜)ことを考えると、委託先に行ける日は、木・金・月のみ。
(実際に実務証明書が手元に戻ってきたのは木曜日でした)

こぶた

仕事、休むしかないな…

委託先に電話をして事情を説明し、金曜日にアポを取りました。
しかたなく仕事は急遽お休み。直接施設に取りにいきました。

その場ですぐに書き換えをしてもらい、その日のうちに無事、郵送することができました。

細心の注意を払ったのに不備になることもある

言いたいことは山ほどありますが、とりあえず無事に試験を受けることができました。

わたしは事務がメインの仕事なので、比較的休みが取りやすい環境です。が、シフト制だったり調理場で働いていたら、急に休みを取るのは難しいのではないでしょうか。

しかも、わたしは連絡を受けてすぐに行動できたため、なんとか間に合いましたが、1~2日遅れていたらアウトです。
期限1週間で、実務証明書取り直せって・・・。

この1週間、ホントに勉強どころではありませんでした・・・(;´д`)=3

実務証明書を自分で書いてもいいのか

前の職場で実務証明書をもらいにくい時、「自分で書いてしまえばいいのでは…?」と頭をよぎると思います。しかし、確実に試験を受けたいのであれば止めましょう。

実務証明書記載の欄に、印鑑を押してもらうところがあると思いますが、そこに押されるのは社印です。
(こぶたは3か所に証明をもらいましたが、どこも社印を押してました)
なので、個人の印はまず押さないと考えた方が良いと思います。

こぶたも、日付を修正するだけなら自分で…!と思いました。
「再提出」を言い渡されて軽いパニックになっていたこともあり、あろうことか管理栄養士国家試験事務局の人に「自分で直していいですか?」と聞きました。

事務の人

委託先の訂正印(社印)が必要なのでダメです。

とのことでした。
ま、そりゃそうですよね。笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 実務証明書のBがわの証明欄には、「左記の施設から~・・・」と一文があるわけです。したがって左記の施設の証明がない状態で証明されたBの証明は無効ということでしょう。まず、日本語をしっかり読み取ることをオススメいたします。

コメントする

目次