【まずい?】ゼロミート(ハンバーグ)を食べてみた口コミ

当ページのリンクには広告が含まれています。

「大塚食品ゼローミート(ハンバーグ/デミグラス)を食べてみました。

ゼロミートは、大豆ミートの加工食品です。
スーパーで大豆ミートの商品を見かけることってあまりないんですが、新しくできた大手スーパーに売っていたんです!

しかし、ゼロミートをネットで検索しようとすると、予測変換で「まずい」の文字。

こぶた

パッケージの写真は、おいしそうだけどなあ。

というわけで、話のタネに購入してみました。

ゼロミートは2021年秋にリニューアルしています。今まで使用していた卵を使わず、動物性原料不使用に生まれ変わりました。
こぶたが購入したのは、リニューアル版ですね。

購入したのは、大塚食品が取り扱っているゼロミートシリーズのうち
・ハンバーグ(デミグラス)
・ソーセージ
・ハム
の3種類。

今回はハンバーグ編です。

  • 大塚食品ゼロミート(ハンバーグ)の素直な口コミが知りたい

という人は、参考にしてみてくださいね。

目次

ゼロミート(ハンバーグ)を実食

食べ方

レトルト食品と同じで、加熱方法は2つ。

  • 電子レンジ【500W:約2分、600W:約1分50秒】
    封を開けずにハンバーグをパウチの底部に押し下げて袋の底を十分に広げ、電子レンジ庫内の中央に必ず立てて置いて、温める。
  • 湯せん
    封を開けずに袋のまま沸騰したお湯の中に入れ約6分温める。
こぶた

お湯沸かすのメンドウだし・・・。
レンジで加熱する人の方が多いでしょ!


というわけで、電子レンジで加熱しました。


袋の横に蒸気を逃がす穴があるので、買ったそのまま電子レンジに入れることができます。

ただ、蒸気の抜ける穴が小さいのか、途中から

プシュー!プハー!!=3

ってすごい音が。

こぶた

ちょっと怖いんだけど・・・💦

見た目

見た目は完全にハンバーグです。完璧!
見ただけでは、大豆ミートで出来ているとは絶対にわかりません。

箸で割った感じもお肉そのもの。ひき肉の粒もしっかり再現しています。
見た目はとてもおいしそうです。

食べた感想

袋を開けると、デミグラスソースのいい匂い。
なんだけど、・・・ううん?
ちょっと独特のにおいが混ざっているような・・・。

食感は、しっかりと肉(っぽい)弾力もあって、噛み応えがあります。
肉汁がじゅわーっと出てくるようなことはないですが、かといってパサパサかといわれたら全然そんなことはありません。
余計な油分もなく、ほどよいしっとり感で食べられます。

デミグラスソースも、よくあるレトルトのデミソースという感じでおいしいです。濃いめの味付けですが、ハンバーグによく合います。
肉だねにもしっかりと味がつけてあって、本当にハンバーグです。

こぶた

が、しかし・・・

何とも言えない、独特の匂いがあります。

「味」ではないところがミソで、食べた後にこの匂いが口の中に残ってしまいます。
しかも、デミグラスソースとまったくかみ合っていないので、「デミソースの味」と「独特の匂い」が別々に主張してきます。

なので、

こぶた

おいしい!おいしいんだけど、
なんかイマイチ・・・。

という謎の感想になってしまいました。

「ものすごく匂う!!」というわけではなく、ほんのり香る程度ですが、気になる人は気になると思います。

原材料を見ましたが、特に匂いの原因になるようなものはなさそうなんですよね。
これは大豆ミート独特の匂いなんでしょうか。

しかし、この匂いさえなければ・・・!
普通においしいハンバーグなんですが。

ゼロミートの原材料・栄養成分

商品に記載の原材料・栄養価をそのまま転記しました。

原材料

植物油脂(国内製造)、粒状大豆たんぱく、たまねぎ、大豆加工品(脱脂大豆、玄米粉)、粉末状大豆たんぱく、パン粉、砂糖、トマトペースト、酵母エキス、りんごペースト、ウスターソース、食塩、赤ワイン、香味パウダー、調味ペースト、オニオンエキス加工品、香辛料、デミグラス風調味料、デキストリン、食物繊維、しょうゆ加工品、野菜ブイヨン風味パウダー、セロリパウダー/増粘剤(加工デンプン、メチルセルロース)、調味料(有機酸等)、トレハロース、カラメル色素、香料、カカオ色素、チアミン塩酸塩、D-キシロース、酸味料、甘味料(ソーマチン)、香辛料抽出物、(一部に小麦・ごま・大豆・りんごを含む)

リニューアル前は、原材料に卵が入っていました。リニューアル後は卵を入れず、動物性原料不使用になっています。

レトルトなので、添加物が多いのはある意味仕方のないところ。
手間はかかりますが、乾燥大豆ミートからでもハンバーグは作れるので、気になる方は自分で作る方が良いですね。

ただ、自分で作る場合、同じようなしっとり感や食感を出すのは難しいかもしれません。

栄養成分

エネルギータンパク質脂質
204㎉14.1g10.5g
糖質食物繊維食塩相当量
11.1g4.2g2.5g

ゼロミートはどこで買える?

大塚食品ゼロミートは、イオンやダイエーなど大手スーパーなら置いてある確率が高いようです。

こぶたは、新しくできた駅前の大手スーパーで購入しました。
ハムやソーセージの横に「大豆のお肉」コーナーが設置されていて、そこに置いてありました。

ただ、同じ系列のスーパーでも置いてある店舗と置いてない店舗があるので、確実ではありません。(スミマセン)

通販はというと
大塚食品の通販公式か、Amazonフレッシュで取り扱っています。

ただ、大塚食品の通販は送料がかかるようです(クール便なので結構高いです)。
Amazonフレッシュの利用はAmazonプライム会員のみ、最低発注金額4000円以上からになっています。

お試しで購入するにはちょっとハードルが高いですね。

大豆ミートのハンバーグ類似商品

意外と入手困難なゼロミートハンバーグ。
せっかく大豆ミートに興味を持ったのなら、1度は食べてみたいですよね。

そこで「探しても見つからない」「試したいだけなので少量で買いたい」というときは、他の類似商品を試してみてはどうでしょうか。

大塚食品のゼロミート以外にも、三育フーズで大豆ミートのハンバーグを扱っています。

三育フーズの大豆ミートハンバーグを見てみる>>

さいごに

ゼロミートのハンバーグは、思った以上に「ハンバーグ」でした。
見た目・食感・味もハンバーグ。

おいしかったんですが、独特のにおいが気になったのが少し残念でした。

他のゼロミートシリーズ「ソーセージ」「ハム」も食べてみたので、のぞいてみてくださいね。
☆ゼロミート(ハム)の感想→【これはいけるぞ!】大塚食品ゼロミート(ハム)を食べた感想

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次